レーザー外径測定とは

  • Home  > 
  • レーザー外径測定とは
 

レーザー測定原理

レーザー測定原理
 
ホログラフィックレーザー測定原理
ベレーザースキャンの測定原理
1972年にベータレーザーマイクの創設者が、世界初のレーザースキャン・マイクロメーター
(レーザーマイク)*当社調べ*を開発しました。アキュスキャン・ゲージは、このレーザースキャン測
定原理を用い、低電力ヘリウムネオン・レーザーが測定窓内にて、チューブを高速スキャンします。
レーザー光がはじめに受光器をスキャンすると、受光素子が光を受け電圧を発生します。光がチューブにて妨げられると電圧は下がり、光が受光素子に当たると電圧は再度上昇します。レーザー光がチューブによりブロックされる時間( t)は、チューブの外径に比例します。ータレーザマイクは、低電力レーザービームを回転ミラーから反射する手法を用い、レーザー式非接触外径測定器を世界に紹介しました。
この手法は、今なお広く使用されていますが、当社のレーザー測定技術は更に進捗を続けています。
この進捗の結果が「ホロプティクス」と呼ばれる革新的な特許技術です。
ホロプティクスでは、屈折性ホログラフィック・ディスク手法を用いています。
それがベータレーザーマイクの標準仕様および高機能ホリックスゲージの
基礎となっています。
 

外径測定原理

外径測定原理
 
ベンチマイクはアキュスキャンゲージと同様にレーザースキャン測定原理を用います。
精密外径測定は、単にチューブのサンプルをV字ブロックに固定具に載せるだけで、
ベンチマイクが即時に測定を行います。V字ブロックとベンチマイクを用いて、
オペレーターは1分間に何十個もの部品を測定でき、精度もサンプル検査に利用できる
他の方法に比べはるかに高い水準です。また、レーザー技術を用いることによって測定は
オペレーターが代わっても繰り返し精度があがります。
 
 
 
 

部品

部品
 

内径・外径・肉厚測定原理

内径・外径・肉厚測定原理
 
ベンチマイクはアキュスキャンゲージと同様にレーザースキャン測定原理を用います。
精密外径測定は、単にチューブのサンプルをV字ブロックに固定具に載せるだけで、
ベンチマイクが即時に測定を行います。V字ブロックとベンチマイクを用いて、
オペレーターは1分間に何十個もの部品を測定でき、精度もサンプル検査に利用できる
他の方法に比べはるかに高い水準です。また、レーザー技術を用いることによって測定は
オペレーターが代わっても繰り返し精度があがります。
 
 
 
 

ステップ1~3

ステップ1~3
M​a​k​u​h​a​r​i​ ​O​f​f​i​c​e​
108304
 
 
<<深瀬商事 株式会社>> 〒104-0033 東京都中央区新川2-2-1 TEL:03-3553-9531 FAX:03-3555-2730